アシエンダ・デ・ロブレス (HR)

アシエンダ・デ・ロブレス (HR)

メキシコの古代文明の遺産として、最初のオーガニックで高品質の魔法のように神秘的な飲み物で、神だけがそうした創作に関わり、完成した飲み物を賞味できたとされる事柄について記したものがあります。

メティシカリ創世記と呼ばれているこの先祖伝来の書物には、万物の起源が示されています。

前半では、私たちの感覚を覚醒させる風味、香り、色、こくなどを分かりやすく解説していて、様々な感覚がダイナミックな実感として伝わってきます。メティシカリの神の言を借りれば、「メスカルはあらゆる悪に対しても、全ての善に対してもオールマイティー」となるのです。

この魔法のような遺産は、その創作を「夢」に例えて説明しています。

最初の夢で、メティシカリの神は天地を創造した。

二番目の夢では、万物が一つの世界として作られた完全な環境を創造しました。

三番目の夢では海を創造し、その水で雨を作り、それから大地を乾かしました。神はまた「アガベ」と呼ばれる、美味で香り豊かで爽やかな植物を作り出す夢を見ました。

四番目の夢では人間を作り、この植物の真骨頂である、最も神秘的な地上の様々な感覚、香りと風味を作るために、優雅と英知と狡猾さを与えました。

五番目の夢で、神は人間と話をして、神による最も幻想的な創造物であるアガベの収穫を命じました。

六番目の夢では、祝杯を挙げて全地球と宇宙が渾然一体となり、その飲み物をテキーラの父親である紛れもなく本物の「メスカル」と呼びました。

七番目の夢では、神は人間にメスカルを振る舞い、食前酒と食後酒として不可欠な飲み物として珍重しました。飲む人の気持ちをリラックスさせつつ、媚薬的な刺激効果をも兼ね備えた特性によって、最も舌の肥えた方々の味覚をも魅了する独特の風味のなす技だからです。

八日目に、人間とメティシカリの神は一緒に座り、同じ夢を見ていたことを知りました。神の最高の夢から生まれたメスカルに勝る飲み物はないと頷きあったのでした。

1件のページ

1件のページ