カサ・ノブレ

カサ・ノブレ

テキーラ「カサ・ノブレ」は、200年以上にも渡ってテキーラを製造してきた誇りと情熱、品質へのこだわりを象徴しています。家族所有の蒸留所であるカサ・ノブレは1776年に歴史的なテキーラタウンであるメキシコ、ハリスコ州の近くに設立されました。現在、世界的に有名なギタリスト「カルロス・サンタナ」もオーナーになりました。

カサ・ノブレでは、オーガニック栽培のブルーアガベの収穫から、天然発酵、3回の蒸留、そしてフレンチ・オークの新樽による熟成、という生産過程の一つ一つにこだわり、これが他の100%アガベテキーラの品質と一線を画す品質とアロマを作り上げます。

ウルトラ・プレミアム・テキーラと言われるカサ・ノブレシリーズは様々なエキゾチックな味わいと香りが楽しめ、ストレートで飲むのはもちろん、カクテルのアクセントとしても楽しめます。

カサ・ノブレのコア・シリーズは「クリスタル(Crystal)」、フレンチ・オークの新樽で364日熟成させた「レポサド(Reposado)」、2年間熟成させた「アニェホ(Añejo)」になります。

3件のページ

3件のページ